2019/01/06駒治具を新調

仕事始めは4日。まずは壊れてしまった駒彫り治具の新調から。

 
こちらは旧タイプ。2年ほど前にこの治具を製作しました。
クサビの代わりにネジを仕込み、ネジを締め込むことで駒を固定する仕組みです。
非常に強固に固定できるので気に入っていましたが、ネジの締め込みが強過ぎて木部の強度が耐えられず、昨年使用中に治具の剣先側が割れてしまい使えなくなってしまいました。
思い直せば、固定するのにネジを2本も締めないといけないし、ネジの可動域が小さく駒の大きさに合わせてスペーサーを挿入する必要もありクサビ式よりも固定に手間がかかっていたので、そろそろ改良の時期だったのかもしれません。壊れてもしまいましたし。

そこで、新しいタイプの治具を作ってみました。


こんな感じです。
中学校の技術室にある「万力」の機構に近いもので、駒の右側のジョーが左右に動くことで駒の固定と解放をします。
同じくネジ式ですが、ネジの本数を1本に減らし、ネジの可動域も確保してスペーサーも不要になりました。

これまでの治具との違いで期待できる点は、
・両サイドと駒尻の三方を固定しているので非常に強力に固定できる。
・木地の製造元による微妙な角度の違いもある程度カバーできる。
・大きさが今までのものに比べコンパクトに(直径4センチくらい)。
・クサビやスペーサーに頼らず固定できるので駒の大きさが変わっても手間が少ない。
懸念されることは
・前作と同様に治具の木部がネジの締め込みの強さに負けて割れてしまうこと。
・この機構を実現するために裏側は複雑になっており、持ち手の丸棒との接続部の強度に不安がある。
・作るのに手間がかかる。
といったところです。

ひとまず数組彫ってみて調子を見てみます。
また使用感や改良などがありましたら更新します。

 

2019/01/04新年おめでとうございます

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

年末年始は妻の実家と私の実家で過ごしました。妻の実家が栃木県ということでやや移動疲れもありましたが、テレビを見ながらゆっくりとお休みを頂くことができました。

今年こそは①駒10組以上完成②駒箱も完成③日本伝統工芸展入選④レベルアップ達成します。

昨年末工房の前でイノシシに遭遇しました。
車に乗っていましたので逃げてくれましたが、縁起がいいような悪いような。。。

2018/12/16ご無沙汰しております

 みなさま、ご無沙汰をしております。住谷です。
更新が滞ってしまい申し訳ありません。

2018年は大きな変化のある1年でした。
3月末をもって勤務していた会社を退社し、4月から独立しました。
仕事は、木工作品や注文品の制作と将棋駒や駒箱などの棋具制作です。

今年の1月、このブログでこんな目標を掲げていました。
『今年の目標は、①日本伝統工芸展入選、②駒を10組作る、③作り手としてのステージを上げる、こんなところです。』
残念ながら、すべて達成できませんでした。
日本伝統工芸展は選外、駒は3組しか作ることができませんでした。
一朝一夕には達成できぬ目標もありましたが思ったよりも
工房を造ることの大変さ、
運営していくことの大変さ、
自らの力不足を痛感しました。

工房づくりは1月からこつこつと進めて、4月には機械も入り制作ができる体制となりましたが、ゼロからの工房づくりはドライバー一本から揃えていく必要があり、出費や時間も想定以上にかかり秋ごろになってようやく本腰を入れて制作できる状態になったように思います。
なかなかホームページの更新もできず申し訳ありませんでした。

独立のことは近しい方にしかお伝えしておらず、皆さんにはご心配をおかけいたしました。
将棋駒と駒箱のご依頼もまだお待ちいただいている方が沢山おられます。
長くお待たせしてしまい申し訳ありません。必ず作り上げます。

一歩ずつではありますが、平成最後の年となる2019年はもっと気合入れて頑張ります。

2018/03/19日ごとに暖かく

A級順位戦は6人プレーオフですね。リーグ最終局にチャンスがあった久保八段と豊島八段は残念だったでしょう。

三寒四温で暖かい日と肌寒い日が数日おきにやってきますが、少しずつ暖かくなっている気がします。冬の格好で工房で作業をしていると少し汗ばみます。

お花ももうすぐ咲きそうです。

2018/02/16第64回日本伝統工芸展大阪展

本日から大阪の難波高島屋にて第64回日本伝統工芸展の巡回展が始まっております。お知らせが遅くなり申し訳ありません。。。

秋の京都会場でも展示されました「楓拭き漆飾り箱『滄溟』」が展示されます。

製作途中の写真もいくつか載せますね。

このように木口同士の接合部には隠し蟻組と呼ばれる技法を用いています。

作品が完成してしまうとなかなかこのような加工は見て頂くことができませんので、参考になれば幸いです。