島桑拭漆駒箱-隅丸紐縁型-     

ご依頼をいただき制作した駒箱です。根か大枝に近い材のためか柾目にもやわらかい杢が現れました。材料の島桑は厚盤をお持ち込みいただきましたので同じ杢のものを2個制作できました。拭き漆は透漆を薄塗で何度も重ねてしっとりとした艶に仕上げています。

箱の形は隅丸で、一番の特長は上箱の紐縁だと思います。上箱外側下辺の輪郭1.5ミリを残して周りを0.7ミリほど彫り下げ、整えた後、縁を面取りして仕上げる加工を施しています。初めて取り組む形で何度か試作し、本番にかかってからも時間を要してしまい、ご依頼主様にはずいぶんお待ちいただいてしまいましたが、「気に入りました」というご連絡をいただき本当にホッといたしました。